オール電化リフォームで節電

ここ数年、光熱費の節約になるとして「オール電化」が注目を集めています。

給湯器にしてもキッチンのコンロにしてもガスではなく電気を用いることで、ガス代がまったくかからなくなるのです。
また、同じ電気代でも料金帯の安い夜間に給湯器でお湯を沸かしておいて日中に使っていくことで節電になります。

そこで、最初から設備が備えられているオール電化住宅だけでなくリフォームによってオール電化を実現させる家庭が増えてきました。
施工に際しての費用は高額になりますが、その後の節電へ向けての先行投資と考えることはできます。

工事については、電気給湯器とIHクッキングヒーターを設置するものとなります。
給湯器のタンクは高さが2メートル前後とかなりの大きさになっていますから、そのスペースが確保されていなければなりません。

マンションの場合ですと個々の物件による違いがあり、管理規約に抵触することからリフォーム自体が認められないケースもあります。

リフォーム情報は現在ネットで詳しく紹介されているため、オール電化を行うための業者探しもおいても、ネットで下調べをしておくのがお薦めです。
私が一昨年に福岡の家に対してオール電化のリフォームを行った際にも、ネットでの情報を参考に、リーズナブルな価格の優良業者を見つける事ができました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ