高齢者のためのリフォーム

現在の日本では高齢者の方が増えました。現在のリフォームではそうした背景を考慮しての作業も行われます。

まず高齢者の方は足腰が弱っていることが多いです。そのため部屋の各場所に、必要に応じて手すりを設置します。お風呂場ではしゃがんで立つ動作をすることが多いですら、手すりを多く設置しておくと便利になります。

また高齢者の方が転倒をすることは、命に関わることも多いですから、廊下にも歩きやすいように手すりを設置しておくことが望ましいでしょう。玄関でも靴の履き替えでしゃがんだり、立ち上がったりする動作が多いですから、手すりがあると安全です。

そして、バリアフリーという言葉が最近は多く使われます。高齢者や障害者が公共の施設を安心しして利用できるように、街中などにある障害を取り除くという、主に家の外での話に聞こえます。しかし、バリアフリーは住居の中でも当てはまります。

具体的な例としては、住居内を移動するときに部屋に入るとき等にある段差です。若い年齢の人では住居内の少しの段差は全く気にならないのですが、足腰の弱った高齢者には、少しの段差が転倒を引き起こす原因となります。

秋田に住んでいる両親も年齢と共に階段の昇降が辛くなってきたことから、バリアフリーを考え、1年前に秋田のリフォーム業者にお願いをして以来、快適に過ごせているそうです。

バリアフリーを目指すリフォームでは、こうした段差をなくし、安心して住居内を移動できるように改良します。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ